TOPページ / 活動内容

2010年2月1日 第14回 標本情報の発信に関する研究会

西日本自然史博物館ネットワークでは、自然史標本データ整備事業に関連して、下記のような研究会を国立科学博物館とともに開催します。
詳細はPDFファイルをご覧下さい。

日時: 2010年2月1日(月)  13時 〜 17時
場所: 大阪産業創造館  パソコン実習室5F
  地下鉄堺筋本町駅 徒歩5分 (http://www.sansokan.jp/map/
主催: NPO法人西日本自然史系博物館ネットワーク
共催: 国立科学博物館
内容: 【講義】 GBIFの新しいデータ公開システムIPTとその背景
     東京大学大学院 総合文化研究科   特任研究員 神保宇嗣
    【実習】 パソコンで分布図を作成する方法
     兵庫県立人と自然の博物館   主任研究員 三橋弘宗
参加料金: 1500円(テキスト代として)
申し込み先: 兵庫県立人と自然の博物館 高野温子 
     電子メール:takano(@)hitohaku.jp     FAX番号:079-559-2019
     *(@)を@に変えてください
*申込みを受け付けた旨ご連絡致しますので、2〜3日(土日月除く)たって連絡がない場合は、お手数ですが再度ご連絡をお願いします。
詳細情報(PDF128KB)をダウンロード


締め切り: 2010年1月18日(月)まで
(申し込み多数の際にはNPO法人西日本自然史系博物館ネットワーク会員を優先するほか締め切り後に抽選とします。講座申し込みと同時に、当NPOに入会される方はその旨記入ください。概要は以下のとおりです。)
→ NPO法人西日本自然史系博物館ネットワーク(http://www.naturemuseum.net