TOPページ / 活動内容

2010/11/29 博物館スタッフのための技術講座(プラスティック封入標本作成)ご案内

ようやくしのぎやすい時節となりましたが、皆様におかれましては益々ご活躍
のことと思います。大阪府高槻市にある芥川緑地資料館(あくあぴあ芥 川)の
花﨑といいます。
 このたび、NPO法人西日本自然史系博物館ネットワークとの共催で、博物館ス
タッフのための技術講座を開催するはこびとなりました。今回は、当 資料館
(あくあぴあ芥川)にて、プラスティック封入標本作成講座、作成技術の習得
と、封入標本の活用に関するワークショップを開催いたします。
 皆様のご参加をお待ちしております。
 また、この講座を関係者の方々に御周知していただければ幸いです。

======================================================================
◆◇博物館スタッフのための技術講座 プラスティック封入標本作成講座◇◆

NPO法人西日本自然史系博物館ネットワーク
博物館学芸員技術講習会事務局 三橋弘宗

1.日時:2010年11月29日(月) 10:30〜17:00
  
2.場所:芥川緑地資料館 (あくあぴあ芥川)
 〒569-1042 大阪府高槻市南平台5−59−1 
 TEL:072-692-5041 FAX:072-692-7864
http://www.city.takatsuki.osaka.jp/db/kurasu/aqua_top.html
E-mail: info★aquapia.net ★を@に
 

3.主催:NPO法人西日本自然史系博物館ネットワーク・芥川緑地資料館
  

4.趣旨/呼びかけ文
 プラスティックの中に標本を埋め込んで作製する封入標本は、標本を手にと
り、様々な角度から観察することができるため、博物館の展示や自然観察 会の
ツールとして近年普及しております。かつて封入標本は高価でかつ作製が困難な
ものでしたが、最近になって個人でも特別な道具を使うことなく、 封入標本を
美しく仕上げるノウハウが確立されたことで、学校教育や博物館のセミナーと
いった普及現場での活用が可能となりました。そこで、この講 座では博物館学
芸員・スタッフや自然観察指導者を対象として、封入標本の作製技術を習得して
頂き、各館の博物館活動に活用していただくことを目的 とします。

5.参加対象
 博物館学芸員、博物館スタッフ、自然観察指導者、ビジターセンター等関連施
設スタッフ(NPO法人西日本自然史系博物館ネットワークの会員以外 の方も可能
ですが、応募者多数の場合は会員の方を優先いたします)

6.講師
 三橋弘宗(兵庫県立人と自然の博物館:主任研究員) 
 花﨑勝司(芥川緑地資料館:主任研究員)

7.参加料金
 一人1500円(材料代含む)

8.募集人数
 15名 (応募多数の場合は会員の方を優先させていただきます)

9.講座の概要

 11月29日(月)
 10:00〜 受付開始
 10:30〜 封入標本の作製の作り方解説
 11:00〜 封入標本作成実習
         標本への樹脂流し込み
         標本の研磨練習 (既に硬化させたものを用意しております)
 17:00  終了
        ※途中で昼食になりますが、当館周辺には飲食店やコンビ二な
どがありません。昼食は各自ご持参くださるようお願いします。

 18:00頃〜  懇親会
           ※JR高槻駅周辺で開催予定です。

10.申し込み
 参加を希望されます方は、下記申込フォームに御記入いただき、申込締め切り
日までにFAX,もしくはE-mailのいずれかの方法で下記まで御 連絡下さい。

 ◆申込先 
 芥川緑地資料館 (あくあぴあ芥川)  担当:花﨑勝司(ハナザキカツジ)
 〒569-1042 大阪府高槻市南平台5−59−1 
 TEL:072-692-5041   FAX:072-692-7864
 E-mail: info★aquapia.net ★を@に

 =================<<申込フォーム>>============================
氏名:
所属:

NPO法人西日本自然系博物館ネットワークの会員ですか?
   個人会員である ・ 博物館会員である ・ 会員ではない
   (該当するものに○をつけてください)
 
懇親会:  参加する ・ 参加しない
   (どちらかに○をつけてください)

連絡先(所属先・自宅)どちらかに○をつけてください
住所:〒
電話:
FAX:
E-mail:
 =============================================================

11.申込み締切り
 2010年11月15日(月)(必着)
 

12.その他
●当日、封入する標本につきましては主催者で用意しますが、参加者の皆様が封
入してみたい標本がありましたら御持参ください。持参して頂く標本に ついて
は、以下の条件を満たしていただくようお願いします。
 ・シリカゲル等と一緒に密封し、完全に脱水されていること
 ・液浸標本の場合には、99%エタノールを用いて水分が完全に置換されている
こと。
 標本に関して何かご質問等がございましたら、三橋まで事前にご相談ください
(電子メール:hiromune★hitohaku.jp ★を@に)。

●その他不明な点などございましたら、花﨑まで御連絡下さい。