TOPページ / 標本救済ネット

「標本救済ネット」について

 自然史標本は,人類共有の財産として後世に残していくべき貴重な資料です。
標本の所有者が博物館や大学などの標本庫に標本を寄贈する意志を持ちながら,受け入れ先を見つけられないことによって有用な標本が廃棄されたり,散逸したりすることのないようにしなければなりません。
 「標本救済ネット」は,受け入れ施設についての情報を提供し,また受け入れ施設を探す窓口を設置します。
 このことによって,寄贈標本についての情報を一元化し,受け入れ可能施設の探索を容易にして,有用な標本の消失や散逸を防ぎます。