TOPページ / 活動報告

シンポジウム「自然史標本の保全を考える 日常から緊急時,復興まで」が開催されました

講演する太齋さん

去る2015年2月9日、総会とともにシンポジウム「自然史標本の保全を考える 日常から緊急時,復興まで」が開催されました。各地から多数の参加をいただき、ありがとうございました。
当日の議論については、改めてどこかの媒体で報告を、と考えていますが、参加者の小林慎吾さんからレポートを頂きました。PDFファイル

また、主催側の佐久間からの簡単なまとめがこちらに掲載されています。
参加の方々の感想やご意見などがありましたら、事務局までお寄せください