TOPページ / 活動報告

第24回 自然史標本情報の発信に関する研究会 「採集地名のデジタル化と分布図作成に関する実習」の報告書

第24回 自然史標本情報の発信に関する研究会
では「 採集地名のデジタル化と分布図作成」をテーマとした実習を行いました。
当日は実習のほか
【解説】 標本データベースにおける地名入力の基本ルールと方法について
             三橋弘宗(兵庫県立人と自然の博物館)
【事例紹介1】古い標本のデータを大量に効率よく処理する実例
             海老原 淳(国立科学博物館)
【事例紹介2】採集地名のデジタル化と分布図作成に関する実習 ~タンポポ調査を例に~
            小川 誠 (徳島県立博物館)
の3件のご講演もいただきました。
これらの講演内容と実習内容、さらに参加者からのご意見を含めた報告書を作成しましたのでこちらに公開します。
自己実習の手引に、復習にご活用ください。
やや大きなファイルですのでご注意ください

http://www.naturemuseum.net/blog/24thDBreport.pdf (PDF5.5 MB)