TOPページ / お知らせ

2015/04/27 公開フォーラム「博物館に適した地方独立行政法人を考える」(情報提供)

以下のフォーラムに関する情報が公立博物館の地方独立行政法人化に関する研究会*・公益財団法人日本博物館協会から提供されましたので、ご案内いたします。
転送・転載歓迎とのことです。


   公開フォーラム「博物館に適した地方独立行政法人を考える」

平成25年10月、地方独立行政法人制度を博物館・美術館を適用可能とする政令改正がなされました。これを受けて今年3月、大阪市は「文化施設(博物館施設)の地方独立行政法人化に向けた基本プラン(素案)」を作成し、公表しました。
http://www.city.osaka.lg.jp/keizaisenryaku/page/0000302893.html
本フォーラムでは「基本プラン」の内容を共有するとともに、公立博物館の経営形態の新たな選択肢としての地方独立行政法人制度をどのように捉えるべきか、またその活用の可能性と留意点について、多くの博物館関係者とともに考えてみたいと思います。

   主催:公立博物館の地方独立行政法人化に関する研究会*・公益財団法人日本博物館協会
   日時:平成27年4月27日 午後1時30分~4時30分
   会場:アーツ千代田3331 ラウンジ(東京都千代田区外神田6-11-14)
http://www.3331.jp/access/
   プログラム:
  報告1 公立博物館に地方独立行政法人制度が適用可能となった経緯
    山西良平(西日本自然史系博物館ネットワーク理事長)

  報告2 大阪市の「文化施設(博物館施設)の地方独立行政法人化に向けた基本プラン
      (素案)」の骨子
    高井健司(大阪市経済戦略局文化部)

  パネルディスカッション
   進行 佐久間大輔(大阪市立自然史博物館)
  パネラー
     山西良平
     高井健司
     佐々木亨(北海道大学 大学院文学研究科)
     半田昌之(日本博物館協会 専務理事)
     朝賀浩(文化庁文化財部 美術学芸課)
   参加費:無料
   申込み:事前の申し込みは不要です。直接会場にお越しください。
   問合せ先:大阪市立自然史博物館(06-6697-6221)佐久間、sakuma@mus-nh.city.osaka.jp

*科学研究費助成事業(基盤研究(C)、課題番号 26350396 研究代表者 山西良平)による研究会。


PDFファイル