TOPページ / お知らせ / シンポジウムなど

2016/2/8 展示評価ワークショップ@三重県総合博物館

2月8日の総会に引き続き展示評価ワークショップを行います。
西日本自然史系博物館ネットワークがこれまでも橿原などで行ってきたリニュー
アル検証ワークショップの延長です。
今回の三重県総合博物館も2012年1月に「三重県立博物館の常設展示に関する
ワークショップ」として、事前の意見交換をしました。
http://www.naturemuseum.net/blog/2012/01/post_31.html
その後の検証ワークショップという位置づけになります。
どうぞ10:30から開催される西日本自然史系博物館ネットワーク総会ととも
にご参加ください。

■展示評価ワークショップ

平成26年4月に三重県総合博物館が開館しました。開館前に、自然のコー
ナーに関する基本展示計画について展示評価ワークショップを実施しご意見をい
ただきましたが、今回、完成した基本展示について展示評価ワークショップを開
催することになりました。また第二部では琵琶湖博物館のリニューアル計画につ
いてもご報告いただき、次の評価ワークショップに向けて質疑も行います。


1概要 ワークショップでは
①展示計画を具現化した完成形が計画段階の展示意図・メッセージを伝えている
かを検証
②現状の機能・効果をより向上させるために、追加・修正すべき点と方法の検討
を行います。

2 日時 平成28年2月8日(月曜日)12時00分から15時30分まで
3 日程 12時00分 昼休み中、基本展示室を自由見学
13時00分 前回のワークショップの指摘のふり返り
13時20分 その後の対応と展示計画の具現化について説明
13時40分 各4つの展示コーナーに分かれてグループ討議仕方を説明
①大杉谷の自然
②鈴鹿山脈の自然
③伊勢湾の自然
④盆地のくらし
※前回は「熊野灘の自然」のコーナーも検討しました
が、対応する職員が用意できませんので今回は検討ができません。
13時50分 検証しながら展示を見学
14時10分 グループ討議
14時40分 全体討議
15時30分 第二部 琵琶湖博物館リニューアル計画について
報告 新琵琶湖博物館創造室 室長 藤村俊樹氏
16時15分質疑応答

17時頃終了予定

4 主催 三重県総合博物館・西日本自然史系博物館ネットワーク

5 会場 三重県総合博物館
http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/MieMu/

6 申込 波戸岡清峰 hatooka@mus-nh.city.osaka.jp
総会の参加・不参加 、情報交換会(津駅近く終了後18時-20時の予定)の参
加・不参加とともにお知らせください。
情報交換会当日キャンセルは厳にお慎みください。

7 注意点
●当日 三重県総合博物館は当日休館日になります そのため、時間を決めて
正面入口を開けます。
総会参加の方は 10:00-10:30、ワークショップのみ参加の方は
12:30-13:00に三重県総合博物館正面入口へお越しください。
どうしても他の時間になるという方は申込時にお知らせください。

●休館日ということもあり近隣で昼食を食べられません。午前から参加される
方は必ず昼食・飲み物をお持ちください。

問い合わせ 
大阪市立自然史博物館 佐久間大輔
三重県総合博物館   北村淳一