TOPページ / お知らせ / シンポジウムなど

2017/2/2 研究会「博物館が伝え、残す瀬戸内の自然―沿岸の広域連携による成果」

西日本自然史系博物館ネットワークは大阪市立自然史博物館と共催で以下の研究会を開催いたします。当日午前中に開催される西日本自然史系博物館ネットワーク総会と併せて、また翌日に開催予定のレガシー継承・発信実行委員会による研究会と併せてご参加いただければ幸いです。

研究会「博物館が伝え、残す瀬戸内の自然―沿岸の広域連携による成果」

 大阪市立自然史博物館では、瀬戸内海を対象地域とし、域内の博物館・水族館・研究機関・研究者が連携して「瀬戸内海の自然探究」をテーマとした市民参加型の観察会や採集・調査等を実施し、その成果を巡回展やシンポジウム・講演会を開催することによって各地域の住民に公開してきました。その締めくくりとして、大阪市立自然史博物館および西日本自然史系博物館ネットワーク主催による評価のための研究会を開催し、広域連携の成果を博物館学的に検証・総括します。
概要 事業の概略、連携による観察会および巡回展の報告、アンケートによる連携の効果の報告、全体討議
日時 2017年2月2日(木) 13時~16時30分
会場 大阪市立自然史博物館 集会室
主催 大阪市立自然史博物館・西日本自然史系博物館ネットワーク
その他 申込の必要はありません
会場へは大阪市立自然史博物館事務所入口からお越しください。

問合せ 大阪市立自然史博物館 動物研究室・波戸岡
06-6697-6221 hatooka"at"mus-nh.city.osaka.jp