TOPページ / お知らせ / シンポジウムなど

2019/2/12 総会関連研究会:ICOM京都大会に向けた取り組みと課題 を開催します

2019年2月12日に開催する西日本自然史系博物館ネットワークの総会に合わせ、下記の研究会を開催します。西日本会員以外の方の参加・来聴も歓迎です

 ICOM京都大会に向けた取り組みと課題


今年は、京都市にて国際博物館会議(ICOM)が開催されます。期間は、2019年9月1日~7日で、国内外から博物館関係者が集まり、博物館業界の今後の展望や課題が協議される場となります。これにあわせて、様々な動きがありますが、なかなか国内の博物館関係者、とりわけ自然史分野の学芸員には情報が伝わっていません。この期間中に、どういったイベントや会合があるのか、そもそもICOMとは何か、各分野の関係者から意見を伺い、国内外の博物館関係者と有意義な交流ができるよう、みんなで情報共有を図りたいと思います。ICOMに関心のある方は、ぜひご参加ください。

日時:2019年2月12日 13時30分~17時
会場:大阪市立自然史博物館 集会室
申込み:不要
主催:NPO法人西日本自然史系博物館ネットワーク
協力:自然史レガシー継承・発信実行委員会

プログラム
ICOM京都大会の概要と魅力
ICOM京都大会2019準備室 関谷泰弘

ICR(地方博物館委員会)の活動と京都大会でのポイント
吹田市立博物館 五月女賢司

NATHIST( 自然史コレクションに関する国際委員会)の概要と議論ポイント
大阪市立自然史博物館 佐久間大輔

京町家を自然史標本で魅せる ~ICOM期間中のおもてなし~
兵庫県立人と自然の博物館 三橋弘宗

ポストICOM京都大会2019の課題
京都国立博物館 栗原裕司
総合討論