TOPページ / 那須自然史基金

那須自然史基金の終了と御礼

那須自然史基金の終了と御礼

 那須自然史基金は,「故那須孝悌氏の意志を継ぎ,社会の中で自然史系博物館の機能を積極的に発揮し,博物館に関係する様々な活動を支援するために,必要な援助を行うこと」を目的とした基金です.
 基金は,2004年11月に病没された西日本自然史系博物館ネットワーク初代理事長那須孝悌氏のご遺族からのご寄付を基に同ネットワークに設立された「那須孝悌記念助成基金」に,翌年2005年9月に地質学,第四紀学,考古学,古植物学等多岐にわたる那須さんの業績とその目指していたものを確認し,足跡をたどることをテーマとした「那須孝悌さん追悼シンポジウム」を開催された「那須孝悌さんを追悼する会」に寄せられた137名(グループ,団体を含む)の皆様のご厚志を加えさせて頂いたものです.基金の総額は,遺族からご寄付と那須孝悌さんを追悼する会からの合計は1,663,454円(当初)でした.
 募集は2006年よりさせて頂きましたが,おかげさまで,14件総額1,667,000円(別紙)の支援をさせて頂き,2017年に終了させていただきました.
 故那須孝悌氏のご遺族をはじめとして,基金を支援いただいた多くの方々,ご応募頂き故那須孝悌氏の意志を引き継ぎ様々な成果を出して頂いた多くの方々にあらためて厚く御礼申し上げます.

特定非営利活動法人
西日本自然史系博物館ネットワーク
理事長 山西良平

PDF