TOPページ / 自然史系文化財保存

6月18日に発生した地震による自然史系文化財関係の被災等に関する情報があればご相談ください

6月18日夜、山形県沖を震源とする強い地震が発生し、新潟では震度6強、山形では震度6弱を記録しています。被害に遭われた地域の皆様にはお見舞いを申し上げます。
 当該地域周辺で被災、または被災した建物に保存されているなど二次的な被害を受ける可能性がある資料などについて、関係者の皆様の注意と保全努力をお願いします。強い地震によって、建物や施設に損害が出ている可能性があります。すでに各地は梅雨入りをしており、今後雨が降ると、雨水が建物内部に浸入する心配があります。建物内部にある自然史標本はは地震による被害が無くても、漏水等によって濡らしてしまうとカビや虫害なども含め大きなダメージを負います。もしも建物に被害があり、内部の自然史標本などにこのような危険があると判断した場合は、迷わず建物内部での移動、あるいは関係する博物館・美術館・図書館・文書館等の施設に移送保管する必要があります。
 情報提供、ご相談等があれば西日本自然史系博物館ネットワークまでお声がけください。担当の佐久間 sakuma@mus-nh.city.osaka.jpが承ります。
頂いた情報は必要に応じ、またご相談内容により独立行政法人国立文化財機構文化財防災ネットワーク推進室などと共有・整理し、関係団体、当該文化遺産が所在する地方公共団体の関係部門等、および文化庁と共有します。