TOPページ / 標本救済ネット

令和二年豪雨災害に関連して

令和二年7月に九州・東海など各地で豪雨被害にあわれた皆様にお見舞い申し上げます。
現在も強い雨が続いており、引き続き警戒が必要な状況ですが、自然史資料の水損などを心配しております。
文化財保全ネットワークでは、水損資料への対応マニュアル・ビデオなどを公開していますが、多岐にわたる自然史資料の対処については、専門分野の関係者が欠かせません。
https://www.youtube.com/watch?list=PLv6bRLdy_eEgOisPSk5hIKN-fgmmaa_j_&v=Gkk459YgA8U

西日本自然史系博物館ネットワークとしても、必要なご相談に対応させていただきます。
お手近の自然史博物館関係者にご相談が難しい場合は事務局までお問い合わせください。

問い合わせ
大阪市立自然史博物館
佐久間大輔 06-6697-6221 sakuma"at"mus-nh.city.osaka.jp
naturemuseumnet@gmail.com
--