カテゴリー
シンポジウム・講演会など

2021/4/24 オンラインシンポジウム 「これからの博物館制度を考える」 開催のご案内

西日本自然史系ネットワークは以下のオンラインシンポジウムに協力団体として名を連ねることにいたしました。
博物館法改正に向けた議論の機会として、多くの皆様の参加をお願いします。
申込みが必要です以下をご参照ください。


令和3年4月6日
公益財団法人日本博物館協会

シンポジウム これからの博物館制度を考える

開催のご案内

主催:日本博物館協会
協力(予定・調整中を含む):全国科学博物館協議会、全国科学館連携協議会、全国美術館会議、私立美術館会議、日本動物園水族館協会、日本水族館協会、日本植物園協会、日本プラネタリウム協議会、日本公開天文台協会、全国歴史民俗系博物館協議会、全国文学館協議会、西日本自然史系博物館ネットワーク、全国昆虫施設連絡協議会、産業文化博物館コンソーシアム、小規模ミュージアムネットワーク、全日本博物館学会、日本展示学会、日本ミュージアム・マネージメント学会 他

日時:令和3年4月24日(土) 13:30〜17:30
開催方法:Zoomを使用したオンライン形式
申込み方法:下記申込みフォーム(Googleフォーム)からお申込みください
      https://forms.gle/mBt7yJMzLsXgyG9i6
参加費:無料(参加定員:先着順500名)
申込み締切り:4月21日(水)

開催趣旨
博物館法は、昭和26(1951)年に制定され、本年で70年を迎えます。この間、日本の博物館振興を支える法律として一定の役割を果たしてきました。制定後、幾度かの改正が行われましたが、日本の博物館を取り巻く状況が大きく変化する中で、博物館登録制度や学芸員制度の見直し等、重要な課題は取り残され、博物館運営の現状との乖離が指摘されています。
こうした状況を受け、令和元年度に設置された文化審議会博物館部会において、博物館法改正も含め、今後の日本の博物館制度の充実に向けた検討が進められています。令和3年2月には、博物館部会にワーキンググループが設置され、博物館法の改正に向けた具体的検討が開始され、3月24日には、博物館部会に中間報告が提出されました。
一方、コロナ禍の影響も踏まえた今後の博物館のあるべき方向性についての議論が必要とされている現状において、今後の日本の博物館制度の充実に重要な意味を持つ博物館法の在り方については、全国に所在する様々な種類の博物館が、それぞれの活動の充実を図りながら、地域の住民をはじめ広く国民や海外の利用者に対し、博物館が社会的役割をしっかりと果たすための基本的な機能を示すことが求められます。
今回のシンポジウムでは、多様な博物館の種類に焦点を当て、それぞれの博物館の運営について、博物館法や博物館制度における現状の課題とともに、今後望まれる方向を探ります。
博物館関係者はじめ博物館に関心のある方々のご参加をお待ちしております。


プログラムの概要(予定:詳細は日博協のホームページで更新します)
1 開催趣旨説明 半田昌之(日本博物館協会 専務理事)
2 博物館法改正に向けた検討状況 (文化庁)
3 発表:多様な博物館の視点から考える博物館制度
⑴ 地域の総合系博物館
可児 光生(美濃加茂市民ミュージアム館長)
⑵ 歴史民俗系博物館
岡塚 章子(江戸東京博物館 都市歴史研究室長)
⑶ 美術館
植松 由佳(国立国際美術館 学芸課長)
⑷ 自然史・科学系博物館
濱田 浄人(国立科学博物館 科学系博物館イノベーションセンター長)
⑸ 動物園
村田 浩一(よこはま動物園ズーラシア園長)
⑹ 水族館
錦織 一臣(東京都葛西臨海水族園長)
⑺ 昆虫館
渡部 浩文(多摩動物公園長)
⑻ プラネタリウム
渡部 義弥(大阪市立科学館 学芸課長代理)
⑼ 公開天文台
宮本 孝志(南阿蘇ルナ天文台長)

その他 調整中・追加あり
 
4 総合討論
各発表者+コーディネーター:栗原 祐司(京都国立博物館副館長)


【お問合せ先】
公益財団法人日本博物館協会
〒110-0007 東京都台東区上野公園12-52 黒田記念館別館3階
E-mail:webmaster@j-muse.or.jp
TEL:03-5832-9108 FAX:03-5832-910

この内容はこちらからPDFでダウンロードもできます。
https://www.j-muse.or.jp/02program/pdf/20210424symposium_info.pdf

カテゴリー
シンポジウム・講演会など 西日本主催事業

2022/2/26「第 38 回自然史標本データ整備事業による標本情報の発信に関する研究会」

西日本自然史系博物館ネットワークは科博の開催する以下の研究会に協力いたします。ご興味のある方はどうぞご参加ください。

■会合名:第 38 回 自然史標本情報発信に関する研究会

■主 催:国立科学博物館

■協 力:NPO 法人西日本自然史系博物館ネットワーク

■日 時:2022 年 2 月 26 日(土) 13 時 30 分 ~ 16 時 00 分

■場所: Zoom を利用したインターネット会合

※受付後、開催週の初め頃までにZoomのURLをお知らせします。

■内 容:

・講演1 「図鑑を見ても名前がわからないのはなぜか?」を書いたのはなぜか?
 須黒達巳 慶應義塾幼稚舎

・講演 2 整理はしても、同定するな! 維管束植物標本の山に立ち向かう方法
 海老原淳(国立科学博物館)

・講演3 コケ植物の分類体系の現状と標本作製・コレクション管理
 井上侑哉 (国立科学博物館)

・講演4 日本産 魚類 の 同定 方法, 有用ツール および 種名リスト
 中江雅典(国立科学博物館)

・講演5 ゴキブリ類の採集・標本作成時の取り扱いと日本産種の近年の研究について
 柳澤静磨 竜洋昆虫自然観察公園

・講演 6 同定依頼:する側とされる側がやるべきこと
 渡辺恭平 神奈川県立生命の星・地球博物館

■申込み方法:下記サイトへアクセスし、必要情報をご記入ください。

https://forms.gle/mrgRCc8acxegh9MJ8

■申込締切:2022年2月20日(日)24:00

http://www.naturemuseum.net/wp-content/uploads/2022/12/SNet38_20220226_invitation.pdf

カテゴリー
シンポジウム・講演会など

情報提供:2021/10/23琵琶湖博物館開館25周年記念シンポジウム「琵琶湖博物館との新しいつきあい方」

琵琶湖博物館から以下の情報提供をいただきましたのでお知らせします

琵琶湖博物館は今年25周年を迎え、次のようなシンポジウムを開催します。
博物館全体が、まだまだ新型コロナウィルス感染拡大の影響を受けているところではありますが、
地域の人びととともに成長していく博物館に興味がある方はぜひご参加ください。
博物館と繋がっている方々にもお知らせいただけると幸いです。
よろしくお願いします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


1.琵琶湖博物館開館25周年記念シンポジウム「琵琶湖博物館との新しいつきあい方」

2.趣旨・目的

 琵琶湖博物館は開館25周年を迎え、第三期中長期基本計画を始動する節目にあたります。当館が目指す【出あい、学びあい、琵琶湖を世界へ発信する博物館へ】となるために、まずは地域の人びととともに出あい、学びあえる博物館を実現させていきたいと考えています。琵琶湖博物館が、今後、地域の人びとともに学びあえる博物館になるための、新たな博物館とのつきあい方やその仕組みを考えるシンポジウムを開催します。
 地域の人びとと共に活動をしている博物館において、これまで行われている多様なつきあい方の事例を紹介することで、琵琶湖博物館の使われ方や、様々な個人や団体との交流による活動発展の仕組みを考えていく機会とします。

シンポジウム案内のPDFファイルをダウンロード

3.開催日・方法
 日時:令和3年10月23日(土)13:00~16:00
 方法:オンライン開催(Zoomウェビナーでの開催)
 参加費:無料

4.申込方法
 ※しがネット受付サービス https://s-kantan.jp/pref-shiga-u/offer/offerList_detail.action?tempSeq=10455
  琵琶湖博物館のwebサイトで最新の情報を確認の上、必ずしがネット受付サービスからお申込み下さい。
 ※申込締切日:令和3年10月12日(火)
 ※シンポジウム開催の3日前を目途に、申込時に登録されたメールアドレス宛に視聴URL等を送付します。
 ※問い合わせ先:琵琶湖博物館25周年記念シンポジウム担当まで
 電話077-568-4811

5.プログラム

司会 楊 平(琵琶湖博物館 交流係長)

13:00-13:05 開会あいさつ 高橋啓一(琵琶湖博物館 館長)

13:05-13:10 趣旨説明 山川千代美(琵琶湖博物館 事業部長)
      
<1部>琵琶湖博物館の事例発表 
13:10-13:30
 ●琵琶湖博物館「はしかけ制度」を利用した田んぼのエビ類の調査研究活動について  
  山川栄樹(はしかけ「田んぼの生きもの調査グループ」)

13:30-13:50
 ●やりたい事を実現する
  飯村強(湖国もぐらの会)
 
13:50-14:10
 ●トンボ100大作戦~滋賀のトンボを救え!~
  生物多様性びわ湖ネットワーク:渡邉共則(旭化成株式会社)、深田茂樹(ダイハツ工業株式会社)、三好順子(株式会社ダイフク)

<2部>他館の事例発表 
14:10-14:30
 ●地域と分野を超えたミュージアムの新しい接点 ーおうちミュージアムー 
 渋谷美月(北海道博物館 学芸員)

14:30-14:50
 ●博物館と関わる個人・団体が集う 大阪自然史フェスティバル
 和田岳(大阪市立自然史博物館 主任学芸員)

14:50-15:00 休憩

<3部>オンラインディスカッション「琵琶湖博物館との新しいつきあい方」

15:00-15:50 

   コーディネーター:村井良子(プランニング・ラボ代表取締役・武蔵野美術大学客員教授)

   パネリスト:山川栄樹、飯村強、渡邉共則、渋谷美月、和田岳、芳賀裕樹(琵琶湖博物館 企画調整課長)

15:50-16:00 まとめ、閉会あいさつ  亀田佳代子(琵琶湖博物館 研究部長)

案内のPDFファイルをダウンロード

カテゴリー
シンポジウム・講演会など

博物館法改正のためのZoomミーティング(2021/5/1)のお知らせ

博物館法改正について、文化庁博物館部会だけでなく、様々な会で改正案が議論されています。現行法の問題点や不満については、ほとんどの人が同意見でしょう。しかし、改正案についての議論では「底上げ」と「盛り立て」とはいうものの、具体的にどうするのかはっきりしていません。

西日本自然史系ネットワークでは、博物館に関わる皆さんが幸せになれるような博物館法改正を目指すためには、理想的な自然史系博物館像をまず作り、それを実現できるような制度を考えるというアプローチをするつもりです。皆様との前向きな意見交換を楽しみにしています。

 参加いただける方は、下記のリンク(ちょー助)に、名前と所属、今回の議論テーマに関する事項について記入をお願いいたします。
https://chosuke.net/main.aspx?g=8ed7707b0b8e19c59b&s;=9633110_9338&page;=-1

↓以下ミーティング詳細
博物館法改正のためのZoomミーティング(5/1)
日時:2021年5月1日(土曜日)20:00〜22:00
今回のお題:博物館法改正の活かす「自然史博物館としての全体像・理想像」を作る

幹事:高田みちよ(高槻市立自然博物館)、佐久間大輔(大阪市立自然史博物館)・平田慎一郎(きしわだ自然資料館)・奥山清市(伊丹市昆虫館)
参加費:無料です。

申し込み:西日本ネット会員の方はメーリングリストで配信されたzoomアドレスからご参加ください。(突然時間が空いたなど、事前の記入無しでのご参加も歓迎します)
メーリングリストを受けていない、西日本ネットの会員ではないけど自然史関係者で参加をご希望の方はnaturemuseumnet@gmail.comまでできるだけ余裕を持ってご連絡ください。上記幹事に直接お問合せいただいても構いません。

カテゴリー
シンポジウム・講演会など

2021/2/1情報交換講演会  「COVID-19状況下だからやってみた工夫、身につけたい技」@Youtube & Zoom見逃し配信

2021年2月1日13:00〜15:30に開催しました
情報交換講演会「COVID-19状況下だからやってみた工夫、身につけたい技」の見逃し配信を実施しています。どなたでもご覧いただけます。
なおこの配信は1週間程度の公開を予定しています。
以下当日のプログラムです

時間は凡その目安です
趣旨説明:佐久間大輔(大阪市立自然史博物館)
13:05-13:35
1.国立国会図書館 中川紗央里 「自然史博物館のためのジャパンサーチ機能紹介」
13:50-14:05
2.伊丹市昆虫館 奥山清市 「対面シンポジウムの代替で使用したZoomウェビナーに感じたこと」
14:20-14:35
3.大阪市立自然史博物館 石田惣 「リモートで実施した博物館実習—貝類標本および子ども向け解説パネルの作製」
14:45-15:00
4.兵庫県立人と自然の博物館 橋本佳延 「空調と感染症対策の両立を目指したCO2モニタリングの試行」
15:10-15:25
5.きしわだ自然資料館 平田慎一郎「『博物館再開のための自然史系学芸員Zoom不定期ミーティング』の取り組みとその効果」
配信協力:大阪市立自然史博物館

カテゴリー
シンポジウム・講演会など

2021/2/1情報交換講演会  「COVID-19状況下だからやってみた工夫、身につけたい技」@Youtube & Zoom

2021年2月1日13:00〜15:30に
情報交換講演会「COVID-19状況下だからやってみた工夫、身につけたい技」を開催します
どうぞ、ご参加ください。1週間程度の見逃し配信は行いますが、質疑応答など為さりたい方は当日にぜひ。4時からは西日本ネットの総会もあります(Zoom参加者のみ)
(時間は凡その目安です)

趣旨説明:佐久間大輔(大阪市立自然史博物館)

13:05-13:35
1.国立国会図書館 中川紗央里 「自然史博物館のためのジャパンサーチ機能紹介」

13:50-14:05
2.伊丹市昆虫館 奥山清市 「対面シンポジウムの代替で使用したZoomウェビナーに感じたこと」

14:20-14:35
3.大阪市立自然史博物館 石田惣 「リモートで実施した博物館実習—貝類標本および子ども向け解説パネルの作製」

14:45-15:00
4.兵庫県立人と自然の博物館 橋本佳延 「空調と感染症対策の両立を目指したCO2モニタリングの試行」

15:10-15:25
5.きしわだ自然資料館 平田慎一郎「『博物館再開のための自然史系学芸員Zoom不定期ミーティング』の取り組みとその効果」

参加方法:申込不要
西日本会員の方はMLでご案内しているZoomアドレスからご参加ください。
それ以外の方はYouTube Liveで公開しますので
大阪市立自然史博物館チャンネルからご覧ください。

配信協力:大阪市立自然史博物館

なお、16時からは総会があります。

カテゴリー
イベント情報など シンポジウム・講演会など 西日本主催事業

公開シンポジウム 「Where Culture Meets Nature ~日本文化を育んだ自然をいかに魅せるか~」 京都国立博物館にて、2月24日(月・祝)に開催

「Where Culture Meets Nature ~日本文化を育んだ自然」は国内11館で構成する自然史レガシー継承・発信実行委員会が、2016年度より4年間にわたり実施してきた企画展示です。
歴史的建造物を会場として自然史標本の多面的価値を広く伝えるとともに、その保全と文理融合型の価値創造のあり方を探ることを目的に実施してきました。
このたび開催するシンポジウムは、4年間の締めくくりとして、今後の自然史資料の保全と活用に関する議論を深めるために実施いたします。 
招待講演者として、博物館の分野とは違った視点から、文化と自然の共生について、伝統工芸と新しい現代技術や発想のもと、各所で活躍されているお二人の匠をお招きして、新しいスタイルでの発信や活用について話題提供して頂きます。また、1部では、2019年度に京都市で開催された国際博物館会議(ICOM)での自然史系博物館の取り組みについて報告していただき、今後の自然史系博物館のあり方について議論します。
当日は、4年の成果を綴った報告書冊子を配布する予定です。

詳細は下記URLを参照ください。
https://www.hitohaku.jp/infomation/event/legacy-sympo2020.html

■開催情報
開催日:令和2年2月24日(祝・月)
     1部 10時30分~12時00分
     2部 13時00分~17時00分
場 所:京都国立博物館 平成知新館ホール
〒605-0931京都市東山区茶屋町527
参加費:無料(別途、京都国立博物館への入館料が必要)
申込み方法:名前、住所、連絡先、所属をご記入の上、「兵庫県立人と自然の博物館 レガシー事業係」までメール(legacy@hitohaku.jp)、ファックス(079-559-2033)でお申込みください。
申込締切:令和2年2月20日(木)

■プログラム
【1部】<レガシー事業とICOM報告会>
・開会あいさつ
・報告1   10:30~10:50
 「小規模ミュージアムネットワークとICOM京都大会」
  坂本昇 (伊丹市昆虫館 学芸員)
・報告2   10:50~11:10
 「地域の博物館との連携協働から見えた成果と課題」
  濱村伸治(国立科学博物館 連携推進・学習センター)
・報告3   11:10~11:30
  「ICOM京都大会をふまえた自然史博物館がめざすべき未来」
 佐久間大輔(大阪市立自然史博物館)
・意見交換  11:30~12:00
  司会:亀田佳代子(琵琶湖博物館)

【2部】
・開会あいさつ 13:00~
  中瀬勲(自然史レガシー継承・発信実行委員会)
・講演1    13:10~13:50
 「Where Culture Meets Nature ~日本文化を育んだ自然展」成果と課題
  三橋弘宗(兵庫県立人と自然の博物館 主任研究員)
・講演2    13:50~14:30
 「センス・オブ・ワンダーと対話が鍵となる、大学や市民との協働」
  稲庭彩和子(都美術館)
 <休憩>       ~14:50
・講演3    14:50~15:30
 「茅が生み出す新しい伝統」
  相良育弥(茅葺き職人、淡河茅葺き屋根保存会「くさかんむり」代表)
・講演4    15:30~16:10
 「植物から生まれる日本の色」
  吉岡更紗(よしおか工房)
・総合討論   16:10~16:55
  司会:林光武(栃木県立博物館)

多くの方からのお申し込みをお待ちしております。

カテゴリー
シンポジウム・講演会など

西日本自然史系博物館ネットワーク研究会 次の大規模災害に備える 2020/2/10

西日本自然史系博物館ネットワーク総会に引き続き以下の研究会を行います。
どうぞ多くの方のご参加をお待ちしております。

西日本自然史系博物館ネットワーク研究会
次の大規模災害に備える

阪神淡路大震災から25年が経ちました。東日本大震災からも9年が経とうとしています。熊本地震、台風による水害なども含め、博物館の防災は常に喫緊の課題です。西日本の博物館にとっても、南海トラフを震源とするM8〜9クラスの地震は今後30年以内に、70%~80%ともいわれています。地域の文化財保護体制から見逃されがちな自然史資料について、関係者が自覚的に把握する必要があります。西日本ネットとしては、試みに机上シュミレーションを含めた研究会を開きたいと思います。どうぞ多くの方のご参加をお待ちしております。
(この研究会は一部科学研究費JP19K21658の支援を得て開催しています)


13:30
開催趣旨 博物館の相互支援体制醸成のために
 佐久間大輔 (大阪市立自然史博物館)

文化遺産保全ネットワークの想定活動シナリオ概略(仮題)
 岡田健(国立文化財機構 文化財防災ネットワーク推進室)

南海トラフ地震の想定(仮題)
 川端清司(大阪市立自然史博物館)

14:30
・机上シュミレーション
発生後のタイムラインを追って、何が必要か、何が可能か、検討します

  発災時
  発災半日後
  発災一週間まで
  発災1ヶ月

16:00総合討論

西日本自然史系博物館ネットワーク会員以外も参加いただけます。どうぞ情報のシェア、お誘い合わせのご参加をお願いします。
事前のお申込みは特に必要としていません。

カテゴリー
シンポジウム・講演会など

2019/2/12 総会関連研究会:ICOM京都大会に向けた取り組みと課題 を開催します

2019年2月12日に開催する西日本自然史系博物館ネットワークの総会に合わせ、下記の研究会を開催します。西日本会員以外の方の参加・来聴も歓迎です

 ICOM京都大会に向けた取り組みと課題


今年は、京都市にて国際博物館会議(ICOM)が開催されます。期間は、2019年9月1日~7日で、国内外から博物館関係者が集まり、博物館業界の今後の展望や課題が協議される場となります。これにあわせて、様々な動きがありますが、なかなか国内の博物館関係者、とりわけ自然史分野の学芸員には情報が伝わっていません。この期間中に、どういったイベントや会合があるのか、そもそもICOMとは何か、各分野の関係者から意見を伺い、国内外の博物館関係者と有意義な交流ができるよう、みんなで情報共有を図りたいと思います。ICOMに関心のある方は、ぜひご参加ください。

日時:2019年2月12日 13時30分~17時
会場:大阪市立自然史博物館 集会室
申込み:不要
主催:NPO法人西日本自然史系博物館ネットワーク
協力:自然史レガシー継承・発信実行委員会

プログラム
ICOM京都大会の概要と魅力
ICOM京都大会2019準備室 関谷泰弘

ICR(地方博物館委員会)の活動と京都大会でのポイント
吹田市立博物館 五月女賢司

NATHIST( 自然史コレクションに関する国際委員会)の概要と議論ポイント
大阪市立自然史博物館 佐久間大輔

京町家を自然史標本で魅せる ~ICOM期間中のおもてなし~
兵庫県立人と自然の博物館 三橋弘宗

ポストICOM京都大会2019の課題
京都国立博物館 栗原裕司
総合討論

カテゴリー
シンポジウム・講演会など

研究会「自然史系博物館における学術研究とその位置づけを考える」(10/10)のご案内

2018年9月2日

研究会「自然史系博物館における学術研究とその位置づけを考える」ご案内

趣旨
現行の博物館法や望ましい基準においては学術研究の位置づけが必ずしも十分ではありません。また博物館現場においてもその取扱いは千差万別です。来年のICOM京都大会においては博物館の定義が見直され、国では今秋に博物館行政が文化庁に移管される中で、懸案の博物館法抜本改正の機会も見え隠れしています。このような状況を睨みながら、博物館における学術研究の意義と評価について、自然史系博物館の事例と現状を題材としつつ、あらためて考える機会を設けました。関係の皆様の参加をお待ちしています。

開催日時
 2018年10月10日(水) 13:00-17:00

会場
 大阪市立自然史博物館 集会室(南側通用口からお入りください)
 http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

プログラム
1.はじめに
 昨今の博物館行政と博物館法改正の展望(主催者)

2.事例報告
・科研費事業が博物館活動にもたらした波及効果 (大阪市立自然史博物館:波戸岡清峰)
・琵琶湖博物館の研究と研究評価 (滋賀県立琵琶湖博物館:高橋啓一)
・面河山岳博物館の地域に根差した研究活動(面河山岳博物館:矢野真志)

3.コメント
・アカデミーからの視点(東北歴史博物館:鷹野光行)
・博物館行動規範における研究の位置づけ(大阪市立自然史博物館:佐久間大輔)

4.討議

主催
 特定非営利活動法人西日本自然史系博物館ネットワーク、大阪市立自然史博物館

参加費:無料

その他
 休憩時間を利用して開催中の特別展「きのこ!キノコ!木の子!」について研究面との関わりを事例的にご案内します。
 本研究会は科学研究費「博物館評価の構造的枠組の創出と博物館界による独自の認証制度の開発」( JP18K01115 ) による研究会の一環として行います。